なんか匂いが臭くて倒れそうなんで、今すぐ手配して午後からビル全体の臭気調査をしてください、と賃貸専門の不動産屋のくせに絶対に実現不可能な要求をするために興奮して管理会社に電話してきてはいけません


「なんでですか?なんですぐにできないんですか?」


「できるわけないじゃないですか、今何時だと思っているんですか、11:00過ぎですよ、昼一番から臭気調査なんて無茶苦茶なこと言わないで下さい。」


「どうしてそう言い切れるんですか?」


「あのすみません、あなたを中心に地球が回っていないのをご存知ないんですか?なぜ、あなたのために目の前の仕事を放り投げてみんなで助けに行かないといけないんですか?」


「もういいです、家主さんに直接掛け合いますから。」


「無駄ですよ、出前頼む感覚で人のお金で臭気調査しようと思わないでください。それと同業者のくせに、管理会社飛ばして家主さんに直接連絡するという発言をするとは、いい度胸していますね。」


「倒れそうで仕事ができないんですよ。」


「日頃不動産屋は大した仕事していません。早退したらいいんじゃないですか?別に会社は回るはずです。」


「みんな臭いって言っていますんで。」


「そうですか、他のテナントさんは全く匂わないと言っていますので、そこの室内が臭いだけだと思いますよ。なにがビル全体の臭気調査ですか。絶対に無理です。しかも家主負担でとかありえません。」


「絶対に上の階に匂いがする何かを置いています。」


「置いていません。置いていても構造上あなたがいる室内に匂いはきません。」


「それしか考えられません。すぐに臭気調査して下さい。」

 

で、あんまりにも騒ぐので次の日の9:15に現地に行って私も嗅いでみるということになり翌日。

 

本人ではなく若い20歳前半の社員が約束の時間から15分以上遅れて現地にやってきて(真冬に外で私はずっと待っていました)、臭いと騒いだ本人は来ず。

室内に入ると全く臭いはしません。

時間を守らない社員
「昨日は確かにシンナーのような匂いで臭かったんですが。」


「ちょっと聞くけど、最近エアコン交換したん?」

時間を守らない社員
「はい。1週間くらい前です。」


「それの匂いじゃろ。間違いないよ。」

その日からその女、この件で電話してきていません。

匂いがするまでは許してやりますが、すぐに来い、費用は家主負担で午後からビル全体の臭気調査しろは異常です。賃貸専門の不動産会社の一社員のくせに。

自分さえ良ければいいという考えはやめなければいけません。

今からお宅の会社にサイレン鳴らしてパトカーで乗り付けちゃるけーの!、と警察官が勘違いして管理会社に電話を掛けてきてはいけません

警察
「昨日、お宅が管理している月極駐車場の前の道路で交通事故があったんですが、何ガレージという名前か教えてもらえんですか?」


「名前なんか付けてませんし、なぜそれを聞かれないといけないんですか?」

警察
「交通事故の報告書を作成するのに必要なんです。それなら所有者の方の名前を教えて下さいや。」


「嫌です。」

警察
「警察に協力せんのんですか?」


「はい。なぜ私があなたの作成する内部資料の作成のお手伝いをしないといけないんですか?しかも無料で、時間を割いて。」

警察
「それなら結構です!!!」

1時間後にまた電話。

警察
「いい加減教えてくださいや。」


「まだやっているんですか?しつこい男ですね、女にモテませんよ。だいたい、会ったこともない人間を信用しますか?電話だけで本当に警察か分からないのに。詐欺に注意って警察が注意喚起しているんですよ。知らないんですか?」

警察
「おう、ほんなら今からお宅の会社にサイレン鳴らしてパトカーで乗り付けちゃるけーの!!!」


「どうぞご自由に。youtube、twitter行きになるだけですから。もっと真面目に仕事したほうがいいですよ、楽な道を安易に選ぶタイプですね。そんなに所有者を知りたければ法務局に行けば分かることです。ご存知ないんですか?不動産登記法を。段原に来る時間と暇がおありなら法務局に行った方がいいですよ。法務局で取る現在事項証明書と段原のイシダでは情報の信頼度が格段に違いますよ。同じ行政じゃないですか。そちらに行かれてください。」

警察官を名乗る男性が掛けてくる時は、たいてい楽に仕事をするためという理由です。この人結局会社に来ませんでした。だったら最初から掛けてこないで下さい。

やり取りも端折っていますが、態度も相当悪かったです。そんな物の言い方で人が動きますか?というやつです。

親が危篤だったんで、というたとえ本当だとしても通らない理由で大学病院から1km離れた月極駐車場に丸一日止めて、お詫びにと¥500のもち吉のお菓子を持ってきてはいけません

月極駐車場に無断で止められると本当に迷惑なんです。

契約者から誰かが勝手に車を止めている、と連絡があったら頭に血が上ります。

一般の方が想像する以上に、無断で月極駐車場に止める図々しいを通り越した人間が存在するんです。

 

警察署に連絡して車の使用者に連絡してもらう。

現地に警察官も来る。

契約者の方にはコインパーキングに止めてもらう。

 

たいてい勝手に止めた人はこの時点で飛んできて動かすようになります。

今回のケースはここで親が危篤だから動かせないと丸一日動かさず、後日私どもの会社に出向いてきました。

犯人
「先日は親が危篤ですみません。契約者の方に直接お詫びしたいのですが。」

ノブリン
「顔も見たくないと思いますのでお引取り下さい。」

犯人
「それではお詫びにこれを。」

と出してきたのが、¥500のもち吉。

お前何時間コインパーキングに止めたと思っとんや、丸一日段原に止めて¥500で済ますんか、結局お前が得しとるじゃないか。

と言いたいのをグッとこらえ、私が結構です、お引取りを、というと睨みつけてきて後ろ手でドアを締めて帰りました。

自分が泥棒をしたことに気付いてないようでした。

毎日毎日さんざんお店の前に路上駐車させて近隣に迷惑をかけながら商売を続けるスポーツ店の店主が、解体工事がうるさい、近隣に迷惑、と路上駐車して店内でくつろぐ客と一緒になって怒って文句を言ってはいけません

近隣で解体するのに路上駐車している車が邪魔なのでちょこっと避けてもらおうと店内に入って説明したら、


「あんた、まあ、よう来たね。えー、ほんまよう来たわ。度胸だけは買ってやるわ。」


「はい?えーっと、」


「まあよう来たよ、ほんま、ねえ、どう思うこの男。」

路上駐車を続けている真っ最中の客の男
「ほんまですね、ええ根性してますわ。」


「えーと、、、」


「あんた!!!、どれだけ音出して解体しとるんか分かっとんか!このクソうるさいのに!近隣みんな迷惑しとるんよ!!!」


「えーっと、事前に解体屋さんが挨拶を・・・」


「あんたは挨拶しとらんじゃないの!!!何を言いよんね!ねえどう思う。」

路上駐車を続けている真っ最中の客の男
「あのー、そういう問題じゃないでしょ。これだけ音立てて近隣の人に迷惑かけとるのが分からんのん?すごい迷惑行為よ。」


「ほうよ。近所の人に迷惑よ。」

路上駐車を続けている真っ最中の男
「ほんま、ご近所さんに迷惑掛けとることが分かっとんですかね。」

この頃はまだ20代、諦めて帰りました。

教頭先生が支離滅裂な内容で自分の都合だけ考えて管理会社を怖がらす目的で大声を出して威嚇してはいけません

教頭:あのー、娘のことなんじゃけどね、退去の月が日割りにならんって聞いたんじゃけど、なんとかせいや、おかしいじゃろ。

私:ごめんなさい、賃貸借契約書にも記載がありますが、退去の月は日割りにしないことにしているんですよ。

教頭:なんやお前は!契約書に書いとるとか今話ししとるんじゃないわ、人間なら2〜3日くらいいいですよ、となるんが普通じゃないか、それが人の情けいうもんじゃろうが、何言いよるんなら!!!!!

私:そんなに大きな声で叫ばなくても聞こえてますから、大きな声だと余計聞きづらくなるだけですよ。娘さんにはご納得頂きましたよ。娘さんが契約者ご本人で成人の方で、そのご本人が納得されていますよ。

教頭:うるさい!、娘は関係ないわ、あの子は今から家を建てるんど!そしたら何ぼでも金がかかるけえ、なるべく金のかからんようにしたらんにゃあいけんじゃあろうが!!!誰が契約書通りにせいと言ったんや、おう、聞いとんか!!!

私:大きな声出さなくても分かりました。なら日割でいいですよ。

教頭:ほうか、分かったんならええわ。

私:それと、原状回復は壁、天井のクロス、床のクッションフロアは全部張り替えますから、敷金から工事代金差し引いて足らずは別に請求させて頂くようになります。

教頭:全部?!?!?!お前部屋見てから言えや、娘はキレイに使っとるど、おかしいじゃろうが。見てから言えや!!!

私:いえ、全部、張り替えます。

教頭:なんやお前、契約書のどこにそんなこと書いとるんや!!!どこにも全部直すとか書いてないじゃないか!!!

私:書いていませんね、契約書は関係ないので。

教頭:はあ?!お前はバカか!契約書通りにするんが不動産屋じゃないか!!!お前んところは悪徳不動産屋か!!!退去の立会いのときお前が来いや!!!

私:教頭先生というご立派な方なのでご理解頂けると思いますが、さっきから変なことおっしゃっていますよ。退去月の家賃は契約書通りするな、現状回復は契約書通りやれ、言っていることがでたらめですよ。あんまり調子に乗っていると本気で怒りますよ。人に良くしてもらおうと思うんならもう少し考えて喋らないと。敷金はこっちが預かっているのに、もう1円も返しません。お金を取り返すのは簡単じゃないです、やってみたら分かりますから、私はこの程度のこと慣れていますので。

ガチャ、と電話が切れる。5分後。

教頭:さっきはすみませんでしたの。わしも昔からこういう性分じぇけえ、まあ、娘のことええようにやってくださいや。よろしくお願いします。

 

この流れで誰がええようにするか、結局大声出して娘さんの邪魔しただけ。退去の立ち会いにも来ず口だけ番長。

落ちていた軍手が歩道にはみ出ているのを、歩道に越境していると表現して町内会を名乗る男2人で管理会社に乗り込んできてはいけません

ちょっと相談があるんですが?

名前も名乗らず初老とおもわれる男性から電話がかかってきましたが、経験上絶対いい話じゃないのは分かります。

あの管理地を借りているのはどなたですか?と言いながら本題に入ると態度は一変。

男A:深夜遅くまで作業を行っているので迷惑だ!町内会みんな迷惑と言っている!

私:深夜とは何時のことを指していますか?

男A:なんでそんなことに答えないといけないんだ。

私:当たり前ですよ、何時にどんな音をさせたのか確認をとるのは当たり前です。あなたが思う深夜の確認を取るのは当然です。だいたい深夜に作業するはずがありません。このクソ暑いのに現場の人間が作業して帰ってきて深夜まで倉庫で作業をしてそれから家に帰って寝て現場に行くなんてことができるとお思いですか?そんなに真面目な奴らじゃないですよ。工事現場は朝早いのをご存知ないんですか?絶対に深夜音がするはずがありません。嘘です。それとみんなって誰のことですか?町内会に加入している全住民のことですか?範囲を定めて話をしてください。

男B:うーん、朝6時半に車の出入りの音がしていたのは間違いないです。

私:すでに信用できませんが、朝の6時半というと世間は動いていますよ。少しくらいいいんじゃないですか?

男A:それと、今日、歩道に軍手が越境していたが。

私:越境という言葉の使い方を完全にお間違えです。ゴミが落ちていたんですね。

男A:敷地の中に足で蹴って入れといたわ。

私:ご自身で確認も取らず勝手に敷地内から出たゴミだと判断して他人の敷地に落ちていた軍手を入れるというのは感心できませんね。その軍手の所有者が敷地利用者だと何を持って判断されたんですか?

男A:話にならん。帰りましょう。

と言って、会社の玄関を後ろ手に思いっきり強く閉めて帰りました。

お宅で管理している月極駐車場でタバコを吸うのをやめさせろ、とその月極駐車場から徒歩10秒のすぐ近くの住人が管理会社に電話をしてきてはいけません

煙が嫌だとの主張でしたが、タバコを吸うのをやめさせるのは管理会社には無理です。

そもそも彼が駐車場契約者かどうかも電話では分からない。

契約者だとしても吸うことは法に触れていない、もし法に触れていても私がやめさせないといけないことではない。

仮に私がタバコを吸うのをやめろと言うと、なぜ君に言われないといけないんだと言われます。

私には、そのどこの誰だか分からないタバコを吸っている人の行動を制約する権利もなければ力もありません。

「私に言わなくても10m先で吸っているんなら、数百メートル先の私のところにわざわざ電話しなくてもご自身で伝えたらどうですか?たぶん聞こえると思いますよ。だいたい私が今からその駐車場に行く間にタバコ、吸い終わるんじゃないですか?」

と言うと切られました。

世知辛い世の中です。

自分もその物件の店子なのに、勝手に入居者募集をするな、俺が入居者を決めるんだ!、と歯医者にも関わらず意味不明な内容の電話をかけてきてはいけません

ある物件を新規で賃貸管理をすることになり、入居者募集の看板を取り付けた翌日に、

「誰に頼まれたんだ。勝手に入居者募集をするな。このビルの入居者は俺が決めるんだ。」

と所有者でもなければ、不動産屋でもない、そのビルの1室を賃借している歯医者から電話がかかってくると受けた方は何を言っているのか全く理解ができず、怖いにきまっています。

実際、恐怖を覚えたとのことです。

当然ですが、我々も所有者の方と直接面会して依頼を受けています。

土地・建物の登記内容も確認しています。

以後、彼から電話は全くかかってきません。

入居者を決める素振りも見せていません。

そりゃあ歯医者ですからね、歯の治療を行っているんだと思います。

なぜ彼がこのような行動を取ったのか解明できていません。

和式便所を流す水が止まらず流れっぱなしになるという明らかに分かる嘘をついて、洋式便所への交換工事を迫るのはいけません

借主の社員:「もうずっと水が止まらないんです。便所工事してもらえませんか?ずっと水が止まらないんです。」

以前から、何度もこの主張を繰り返すので、

イシダ:「水道料金の分かるものを見せて下さい。」

借主の社員:「なぜですか?」

イシダ:「そりゃあそうでしょ、相当な水道料金になっているはずですよ。あなたの会社はそれでも納得するんですか?」

借主の社員:「いや、そうじゃなくて、洋式便所に直してほしいんです。いまどき和式ってあります?」

イシダ:「それならあなたがお勤めの会社の担当の方に働きにくいのでトイレを洋式にしてくれと言えばいいんじゃないですか?そうしたら決裁権ある方が判断して、それから私のところに入居者負担でやるから工事をしてよいか、とか、家主負担でお願いできないでしょうか?などの相談があるんじゃないですか?何故働きにくいからと言って社外の管理会社のところに電話してきているんですか?あなた変わっていますね。労働環境の改善を段原の私のところに電話してきてお願いするんですか笑笑笑」

と言うと切られました。

この借主、賃貸専門の不動産会社です。

ちゃんとした法人様なんです、とそんなに繰り返して説明するのであれば、その君が言うちゃんとした法人様は、よくよく考えて男だらけの外国籍の方を一軒家に8人入居させようとしなければいけません

「すごく大きな法人さんでしっかりされています。スーパーの〇〇〇さんなんですが。今回法人契約になるんですけど、イシダさんがキマルームに出されている旭2丁目の一軒家に外国籍の男性の方8人入居って可能ですか」

と、不動産業者の方から問い合わせが来たんですがダメに決まっています。

法人が大きいのかしっかりしているのかは知りません。

私どもの与信判断では法人の大きさなど全く関係ありません。

東芝の例を見てもいつどうなるかは分かりません。

入居者の属性が基本です。

外国籍云々もさることながら8人も同居、しかも全員男性。

それどこの管理会社も断るはずだと教えてあげたら、片っ端から断られているようです。

しっかりした、大きな法人さんにしては外国籍の男性の方8人を一軒家に同居させようとするくらいなのでよほどのブラック企業だと推測されます。

※キマルーム・・・不動産業者間の賃貸物件流通サービスの名称