和式便所を流す水が止まらず流れっぱなしになるという明らかに分かる嘘をついて、洋式便所への交換工事を迫るのはいけません

借主の社員:「もうずっと水が止まらないんです。便所工事してもらえませんか?ずっと水が止まらないんです。」

以前から、何度もこの主張を繰り返すので、

イシダ:「水道料金の分かるものを見せて下さい。」

借主の社員:「なぜですか?」

イシダ:「そりゃあそうでしょ、相当な水道料金になっているはずですよ。あなたの会社はそれでも納得するんですか?」

借主の社員:「いや、そうじゃなくて、洋式便所に直してほしいんです。いまどき和式ってあります?」

イシダ:「それならあなたがお勤めの会社の担当の方に働きにくいのでトイレを洋式にしてくれと言えばいいんじゃないですか?そうしたら決裁権ある方が判断して、それから私のところに入居者負担でやるから工事をしてよいか、とか、家主負担でお願いできないでしょうか?などの相談があるんじゃないですか?何故働きにくいからと言って社外の管理会社のところに電話してきているんですか?あなた変わっていますね。労働環境の改善を段原の私のところに電話してきてお願いするんですか笑笑笑」

と言うと切られました。

この借主、賃貸専門の不動産会社です。